最新のウォーターサーバーについて

7月 5th, 2016 by assunglasses1234

ウォーターサーバーを実際に使っているという人も多いでしょう。そんな人たちの声を聞くといろいろなメリットがあるとも言います。まだ使ったことのない人や水に関心のある人は、そのメリットを知ってみてはどうでしょうか。

ウォーターサーバーのメリットとは

ウォーターサーバーのメリットとして、美味しく水が飲めるという点です。コンビニやスーパーでのミネラルウォーターでもいいと言う人もいるでしょう。確かにそれも美味しく飲めますが、ウォーターサーバーは、さらに天然水やRO水で、美味しさもアップしています。
また、ウォーターサーバーを導入すれば、定期的に水が届くので、買い物する手間や持ち運びの手間も省けます。おかあさんにとっては、それが省けるだけでも助かるでしょう。
さらに赤ちゃんの調乳や料理でも使えたりと、用途も広がります。

ウォーターサーバーとカビのトラブル

そんなウォーターサーバーでもトラブルも起こることもあります。
実は家で使っていたら、気がつかないうちに華美が発生することもあるのです。
実際に我が家でもカビが、ボトルの設置口に発生していたのです。ネットで調べてみると、同じ場所や注ぎ口に発生しやすいそうです。それも実はボトルを設置するときに空気が入りやすく雑菌も入りやすいそうです。また注ぎ口も水に触れていて、外気に触れるので、掃除をこまめにしておかないと、発生しやすいそうです。
カビが発生したら中身も大丈夫なのかと不安も高まりました。そこで、最新の水素水サーバーに変えることにしたのです。

フレシャスは安全

カビ防止のためにできることとして、ボトルタイプをやめることです。やはり水が減るとそのぶん、ボトルに空気が入りやすくなり、カビも発生しやすいそうです。そこでパック式のものが空気が入りにくく、良いともされています。フレシャスでは、パック式となっており、より安全です。使い終われば回収せずにそのまま捨てられます。使い回しも衛生面やカビを考えると怖いです。
フレシャスは、オートクリーン機能があるので、毎日キレイにできます。

クリティアは安全なワンウェイ方式

水の入っていた容器も再利用するメーカーも多いです。時には配送されたときに破損したいたり、汚れたいたなんて体験もあります。それを使ってカビが出たなんて声もあります。
クリティアでは、ワンウェイ方式といって、容器は使い終わったらそのまま捨てられるようになっています。常に新品なので先のようなことはありません。また容器もつかっていって、水が減るとパックのように容器もしぼみます。すると、空気も入りにくくなります。そうなれば雑菌も繁殖しにくくなります。
メンテナンスは、セルフでお願いされるので、方法についてはサイトで確認をしておきましょう。

コスモウォーターは空気もキレイに

コスモウォーターもカビ対策や衛生面での対策もしっかりとしています。ここまで紹介してきたワンウェイ方式を採用していますし、またボトルも使っていくとしぼんでいくので、ボトル内部の水も空気に触れることは少ないでしょう。さらにオートクリーン機能でサーバー内部がキレイになります。そして、クリーンエアシステムを採用しています。これはサーバー内部のタンク内部の空気をキレイにする機能でこれにより、内部を無菌状態に保てるというのです。これならば内部で実はカビがという心配もありません。

恵ウォーターサーバーでカビ防止

恵ウォーターでも、カビ防止のためにこれまでに挙げた機能を使っています。ワンウェイ方式で使い終わればそのまま捨てるので、使い回しによる雑菌の心配はありません。またボトルもしぼみますから、ボトル内部の水も安全です。さらに無菌エアーシステムを採用しています。これにより、サーバー内部のタンクでの菌の繁殖を防ぐことができます。その繁殖しにくくなることを他のメーカーと比較した結果も公表しており、いかに安全かをアピールしています。従来の他のメーカーと比べてもその結果は一目瞭然です。

忘れてはいけないことにセルフでのメンテナンスも

これらのメーカーだと、より安全にカビのことを気にせずに使えそうです。
特にワンウェイ方式と言うことで水自体の菌がつかなるのですから、安心感も高まるでしょう。
これらの中から、選んでつかっていますが、これまではカビの発生はなく安心しています。調乳にも使えて便利になりました。

とはいえ、セルフでのメンテナンスもしています。メンテナンスといっても難しいことではなく、2~3日にいっぺんはウォーターサーバーの注ぎ口をアルコールで濡らしたタオルでキレイに拭いています。またウォーターサーバーもキレイに拭くようにしています。これだけでも、カビの防止に繋がるのです。慣れてきたので、そんなに時間もかかりません。もちろん、オートクリーンも使っています。メーカーによってはその間は水がつかえなくなるので、時間帯にも気を付けないといけません。
ぜひ最新のウォーターサーバーでカビ防止をしていきましょう。